17/02/19

東芝のこれからを考えてみる

それにしても、金正男の暗殺事件には驚いた。権力を維持するために自分の身内を殺害するなんて、いったいいつの時代の話なんだと思う。その手口にしても、大勢の人でにぎわう空港で、まさに衆人環視のもとに実行されたのだからすごい。しかも、大の成人男性を二人の女性がわずか5秒で片付けたというのだからますます驚きだ。人間って、そんなに簡単に殺せるものなんだ。

しかし、金正恩が権力の座に就いてからというもの、北朝鮮国内では次々に公開処刑が行われているらしい。おそらく、だれも信用できないところまで追いつめられているんだろう、あのカリアゲ君は。いい加減にこの恐怖政治をやめないと、そのうち自分が暗殺されてしまうことになりかねない。次は自分の番かもしれないと怯える側近が、カリアゲ君に毒を盛らないとも限らない。本当に、北朝鮮という国にはガクブルだ。怖すぎる。

ということで、東芝の経営状態が相当に危ないらしい。いきなり、7,000億円の損失が出そうだというニュースを見たときには、いったい7,000億円っていくらなんだろうと思った。いや、7,000億円は7,000億円なんだけど、あまりにも巨額なので、まったくピンとこない。これまでに自分が勤務してきた会社で、一番規模が大きな会社でも年間の売上高が200億円くらいだったから、7,000億円の損失といわれてもピンとこないのは当然だ。

こんなに巨額な損失を出してしまった東芝は、これからどうなってしまうのだろう。2年前に不正会計が発覚したときにも、東芝ちょっとヤバイんじゃないの、と思ったけれど、今回は本格的にヤバイんじゃないだろうか。もしかしたら、東芝くらいの巨大企業になると、7,000億円の損失でもなんとかカバーできてしまうのだろうか。そのあたりは、素人の自分にはよくわからないけれど、大変な事態には違いない。

ここからはド素人の勝手な推測に過ぎないけれど、いまのままの形で東芝という会社が存続していくのは難しいのではないかと思っている。結局は、銀行からどれだけの融資を受けられるかが、これからの経営再建におけるもっとも重要な要素になってくるはずだけれど、現状のままではメーンバンクとしても思い切った融資はできないだろう。

ただ、回収が難しいからといって融資を打ち切ってしまえば、東芝としてはもっと苦しくなるわけで、そうなると銀行としてもこれまでの融資を回収できなくなるから、すっぱりと融資を打ち切るというわけにはいかない。ではどうするかといえば、おそらくは分社化という手段を取るのではないかと思う。要は、儲かっている事業とお荷物になっている事業を切り分けて、それぞれ分社化するということだ。

こうすれば、儲かっている事業には積極的に融資できるから、銀行としても都合がいい。では、儲かっていない事業部門はどうすればいいかということになるが、これは別の企業に身売りすることになるのではないだろうか。もちろん、引き受ける側としても赤字事業を引き受けるのは迷惑な話だから、組織を大幅にスリム化した上で引き受けるということになるだろう。つまりは、大量のリストラが発生することになる。

結局のところ、経営を立て直そうと思ったら、不採算部門を切り捨てるしかない。現状の態勢を維持したまま収益を増やすなんて、そんなに都合よくいくわけがない。ということで、これからの東芝には、ものすごいリストラの嵐が吹きまくるんだろうなと予想している。幸いなことに、自分はこれまでの人生でリストラされた経験はないけれど、ものすごく大変なんだろうなということだけは想像できる。

それは、東芝という大企業のエリート社員でも同じだろう。むしろ、エリートだからこそかえって大変だと思う。これまでの会社員生活をずっと東芝で送ってきたという人は、きっと仕事もできて学歴も一流で、自分で自分のことを優秀な人間だと信じているのだろうが、実際に優秀なのは東芝という会社であって、東芝の社員という肩書がなくなれば、世間からはたちまち評価されなくなる。

こうしたことを自覚できていれば問題はないけれど、自分のことを優秀だと思い込んでいる人は、「自分は学歴も一流だし、東芝で管理職を務めてきたから、どこにだって転職できる」と勘違いしてしまい、早期退職制度に応じてさっさと会社を辞めてしまうことになる。そして、いくら転職活動をしてもどこにも引っかからないという段階になってはじめて、いままで評価されてきたのは自分という人間ではなく東芝という会社だったということに気付くわけだ。

自分の場合、自分は仕事ができない人間だということを自覚しているので、無茶なことはしない。一念発起して違う分野の仕事にチャレンジするとか、脱サラして何か商売を始めるとか、そういう自分の能力を超えているようなことは絶対にしない。自分にできることを自分にできる範囲で着実にこなしていくのが、一番安全な方法だと思っている。それに、もう無茶する年齢でもないし。このまま安全運転で逃げ切りたい。

ということで、自分が予想したように東芝が分社化されて切り売りされるのかどうかはよくわからないけれど、大量のリストラが発生するのだけは避けられないような気がする。リストラされる人は気の毒だと思うけれど、なるべく長く会社にしがみついた方がいい。退職金の上乗せにだまされて早期退職制度に応じたりしたら、結局損をするのは自分自身だ。



今週の覚書一覧へ

TOP