15/10/04

福山雅治が結婚した件について

昨日ロードバイクで走っているときに、のどが渇いたので自販機でレモンティーを買った。取り出し口から取り出そうとしたところ、予想に反して熱かったので、「アチッ!」と言いながら思わず落としてしまった。冷たいレモンティーを買ったつもりが、間違って温かいヤツを買ってしまったらしい。捨てるものもったいないので汗をかきながら飲んだけれど、あのガッカリ感はたとえようがない。

ということで、ついに福山雅治が結婚したらしい。自分は、仕事中にネットのニュースをチェックしていたときに知ったのだけれど、さすがに驚いた。福山もいい歳なんだからいつかは結婚するだろうとは思っていたけれど、こうも独身生活が長くなると、逆に結婚するのも難しくなるんじゃないかと思ったりして、そのあたりはどうなのよと本人に問い詰めようと考えていた矢先のことだった。

福山クラスのスターになるとメディアでの扱いもすごくて、夜のNHKニュースでも大きく取り上げられていたのには驚いた。武田アナウンサーが桑子アナウンサーに「福山さんの結婚、どうですか?」みたいにふったところ、「もうショックですー」と、桑子アナがかなり本気な感じで答えていたのには笑った。もちろんリップサービスもあるだろうけど、半分以上は本気だと思う。

福山が所属するアミューズの株価も、結婚発表の翌日は大きく値を下げたらしい。というか、アミューズみたいな芸能事務所が上場していたということに驚いた。上場しているといってもジャスダックかマザーズだろうと思って調べてみたところ、東証に上場しているとわかってさらに驚いた。しかも、東証一部だというからすごい。芸能事務所という業態でありながら、経営は健全だということか。

今回の件では、世の中の女子たちが大いにショックを受けているらしい。ショックのあまり、母親が家事を放棄したり、OLが会社を休んだりと、それはそれは大変なことになっているようだ。というか、これが男子だったらどうだろう。女子アイドルが結婚を発表したことにショックを受けて会社を休んだりしたら、笑われるだけだ。こういうことが許されるのは女子だけだと思ったほうがいい。

でも、福山のファンである女子は、その年齢層から考えてほとんどは結婚しているわけだから、なんだか自分勝手な話だと思わないでもない。自分は結婚しているのに、福山には結婚してほしくないだなんて、ちょっと都合がよすぎるような気がする。まあ、それがファン心理だということはよくわかるけれど。

これが独身女性だったら、まだわかる。なにしろ、福山が独身でいる限りは、自分が福山と出会って結婚する可能性はゼロではないわけだから、そういう夢を見るのは本人の自由だ。本当にそうなるかどうかは別として、そういう可能性がゼロではないということろが重要なのだと思う。夢を見る可能性さえなくなってしまうというのは、ファンにとっては辛いことだろう。

ファンとしては、福山は自分のものではないけれど、だからといって誰のものでもない、という状態が続くことを願っていたのだと思う。もちろん、何かの間違いで自分のものになればそれが一番だけれど、そんなことはあり得ないということくらいはわかっているから、誰のものでないという状態がベストな状態ということになる。

今回の件でショックを受けているのは、女子だけではないと思う。世の中の独身男性も、実はショックを受けていると思う。自分は独身だけど、福山もまだ結婚していないからいいか、みたいに考えていた男子は、きっと少なからずいたはずだ。女子の場合と比べて、ショックを受ける理由はまったく違うけれど、多くの男子がショックを受けたに違いない。

よく考えてみれば、これも自分勝手な理屈だ。福山雅治と自分とはまったくの無関係なのに、福山が独身であることになぜか安心してしまうというのがおかしい。福山の場合は、結婚できないわけではなくて自分の意志で結婚しないだけなのに、福山が独身だからといって、何の取柄もないモテない一般男子が安心してはいけない。

ということで、福山ファンである自分も大いに驚いた今回の結婚報道だったわけだけれど、改めて考えてみると、その前兆みたいなものはあったような気がする。今年の春に、それまで23年間も続いたラジオ番組を降りたのも、いまから考えると結婚のためだったのだろう。結婚してからも、独身時代と同じように下ネタを連発するわけにはいかないから、そういう意味もあって終了したのだと思う。

また、去年の暮れに男性限定ライブを開催したり、今年の夏には10代限定ライブを開催したのも、やっぱり結婚が理由になっていると思う。結婚すれば、ある程度の女性ファンが離れていくのはしかたのないことだから、それに備えて新しいファン層を広げておきたいと考えたのだろう。福山くらいの人気者になると、いろいろと大変なんだなと考えされられる。

ただ、東京FMの番組はこれからも続けていくようなので、結婚してからのトークがどんなものになるか楽しみだ。これまでのように、気軽に下ネタを話す機会は減り、その分、家庭内の話題が増えていくのかもしれない。しかし、福山は人一倍ファンのことを大事にする性格だから、ファンの気持ちを考えて、結婚ネタはしばらく封印するかもしれない。とりあえず、今日のトーキングFMは必聴だ。



今週の覚書一覧へ

TOP