15/04/26

電車に関してイラッとすることども

しがないサラリーマンとしては、毎日の電車通勤も仕事のうちだけれど、できれば通勤時間は短い方がいい。しかし、千葉市内に住んでいる身としては、都内に通勤するというだけで、片道1時間オーバーは覚悟しなくてはならない。現在は、JRと地下鉄を乗り継ぎ、ドアツードアで片道約1時間半をかけて通勤している。

大学生の頃は、早稲田→中野→中野と、大学近辺で引っ越しを重ねていたが、社会人になってからは、通勤の都合よりも家賃の安さを優先し、千葉県内で引っ越しを重ねてきた。引っ越すたびに都心からは遠ざかっていき、それにつれて必然的に通勤時間も長くなっていく。いまでは、片道1時間半という通勤時間にもすっかり慣れてしまった。

しかし、朝夕の通勤ラッシュ時には、イラッとすることも多い。特に、朝はみんな急いでいて気が立っているから、いろいろなトラブルも起こる。帰りの電車では、一日の仕事を終えて多少は穏やかな気分になっているからだろうか、朝に比べてそれほどトラブルは多くないような気がする。これが夜遅くになると、酔っ払い客が増えてきて、また面倒なことになるのだが。

電車に関するイライラは改札口から始まる。自動改札でSUICAやPASMOをタッチするときに、ものすごくしつこくタッチする人がいるけれど、あれにはどういう意味があるのだろうか。身体は思い切り前にいっているのに、タッチしている右手は残したままになっている。後ろがつかえているんだから早くその手を離せよとイライラする。

改札を抜けると、今度はキャスター付きバッグのイライラが待っている。最近やたらと増えているキャスター付きバッグだが、これを引っ張って目の前をウロウロされると邪魔くさいことこの上ない。バッグを身体の近くに寄せて歩いてくれるならそれほど問題はないのだが、犬の散歩でもするように思い切り自由な感じで歩かれると邪魔くさくて困る。

エスカレーターに乗るときには、キャスター付きバッグを引いている人の後ろには絶対に乗らないことにしている。なにしろ、こういう人たちはかなりの確率で、エスカレーターから降りるときに一度立ち止まるからだ。バッグを持ち直すために立ち止まるのだろうが、後ろにいる人間のことも考えてほしい。邪魔なだけでなく、危険ですらある。

そんなこんなでホームにたどり着くわけだが、ここからはさらなるイライラが待っている。ホームでは、各乗車口の前できれいに二列に並んで電車を待つ。ここまではいいのだが、いざ電車に乗り込むとなると、少しでも快適なポジションを確保しようとして、みんな途端に自由奔放になるのが困る。きれいに列を作って電車を待っていたさっきまでの秩序はまったくなくなる。

電車に乗り込むときの暗黙のルールとして、右側の列の人は右折して乗り込み、左側の列の人は左折して乗り込む。これが一番スムーズに乗車できるからだ。しかし、右側で待っていた人が左手方向に空席を見つけたりすると、この暗黙のルールを無視していきなり左側の人の進路を妨害する形で空席を目指して突進していく。

自分はこういう人たちのことを「進路妨害くん」あるいは「進路妨害ちゃん」と呼んでいるのだが、とにかくこういう人たちに遭遇するとイラッとする。いくら空席を見つけたとしても、それが自分の進路方向の座席ではない場合は、その時点でいさぎよくあきらめるべきなのだ。他人の進路を妨害してまで座席を確保するというのは、ものすごく恥ずかしい行為だということを自覚してほしい。

でも、こういう人たちはとにかくたくましくて、他人のことなど一切考えない。電車がホームに入ってきて、自分の進行方向に空席があるのを確認して「ラッキー、座れそうだぞ」と思ったのも束の間、まだ乗客が電車から続々と降りている途中にもかかわらず、反対側の列で待っていた人がいきなりその空席めがけて突進したりする。こういうときは本当に気分が悪い。

そんなこんなで電車に乗り込むと、今度は足をダラリと前に投げ出して座っている人にイライラすることになる。以前は、一人で1.5人分くらいの座席スペースを占有している人にイライラしたものだが、最近の新型車両では一人分のスペースが明確に区切られたバケットシートになっているから、こうしたイライラは解消された。

しかし、足をダラリと前に投げ出す人はなかなか減らない。これは、圧倒的に若い男子が多い。背の高い男子が座席に浅く腰掛けるとその分だけ足が前に出てきて、吊革につかまる身としては邪魔くさくてしかたない。こういう人の前にはなるべく立たないようにしているのだが、車内が混んでいるときには自分の意志に反してそのポジションに押し込まれるときがあるから困る。

そんなこんなでようやく目的の駅に着くと、またキャスター付きバッグの人やら改札口でしつこくタッチする人やらにイライラさせられることになる。まあ、自分でもかなり心の狭い人間だということは自覚しているけれど、他人のことを考えない自分勝手な人が多すぎるというのも事実だと思う。こういう人たちは、他人から同じようなことをされてイラッとしたことはないのだろうか。本当に不思議だ。



今週の覚書一覧へ

TOP