12/04/08

住みたい街

新年度がスタートして、心なしか街の様子も活気づいてきたような気がする。新社会人や新入生たちの中には、新しい街で新しい生活を始めた人も多くいるだろう。自分も27年前には、同じように初々しい感じで東京での新生活を始めたわけだ。というか、こうして書いてみると、あれから27年も経ったということにいまさらながら驚いた。なるほど、歳を取るわけだ。

せっかく新しい生活を始めるならば、新しい街に引っ越したほうが楽しい。住み慣れた家で新生活を始めるというのはイマイチだ。ということで、2012年の住みたい街ランキングをチェックしてみたところ、吉祥寺、下北沢、中野、自由ヶ丘、高円寺などの街がランキングの上位にきている。どうやら、中央線沿線が人気爆発らしい。

こういうランキングでは常に吉祥寺がトップになるが、吉祥寺のどこがそんなに魅力的なのか、実はよくわからない。吉祥寺にはほとんど行ったことがないし、おそらくこれからも行くことはほとんどないだろうが、もしかしたら「ジョージ」という響きが素敵なのだろうか。たしかに「ジョージ」という響きはカッコいい。だって、ジョージだもの。

下北沢も、住みたい街ランキングの常連だ。この街も、何がそんなに魅力的なのかよくわからない。「シモキタ」という響きはそれほどカッコよくないし、字面にしたって「下」と「北」だから、なんだか日陰のイメージだ。自分だったら、下北沢よりも上南沢に住んでみたい。いや、そんな街は東京にはないけどね。

中野には学生のときに2年くらい住んでいたが、たしかに住みやすい街ではあるけれど、憧れの街というほどでもない。それほど垢抜けた雰囲気もないし、特に自然が豊かなわけでもないし、街並み自体に魅力があるわけでもない。これは同じ沿線の高円寺にしても言えることで、イメージとしてはそれほど特筆すべきものはないと思う。

そもそも、個人的に中央線自体があまり好きではない。朝夕のラッシュ時はやたらと混むし、人身事故は頻繁に起きるし、その割に沿線の地価は高いしで、あまりいい印象がない。それに、中央線はなんだか内陸というイメージがあって、冬は寒くて夏は暑いんだろうなと思ってしまう。

「一寺一度」という言葉を聞いたことがある人はほとんどいないと思うが、これは中央線沿線の気候の変化を的確にとらえた言葉で、つまりは、高円「寺」、吉祥「寺」、国分「寺」と、「寺」の付く駅を通過するたびに気温が1℃下がるという意味だ。これは大げさな表現ではなく、冬に中央線に乗ると、乗車距離とともに気温が下がっていくのを実感できる。

そんな感じだから、中央線沿線にはあまりいいイメージがなくて、住みたいと思ったこともない。また、田園調布や成城などの高級住宅街にも、あまり興味を感じない。まあ、いまの自分の財力では逆立ちしたってこういう街には住めないのだが、なんだかかしこまった街には、あまり魅力を感じないのだ。

自分が住みたいと思うのは、海に向って開けた臨海部の街だ。たとえば、都内だったら豊洲あたりが思い切りストライクゾーンだ。豊洲という街は、ほんの20年くらい前までは、駅前にポツリポツリと小さな店があるだけの、本当に殺風景な街だったのに、ここ最近の開発事業で劇的に変化した。平成になってから、都内で一番大きく変化した街だと思う。

こういう街は、たしかに人工的な匂いはするけれど、新しい街に特有の活気や雰囲気があって、散歩するだけでも面白い。街に住む人たちの平均年齢が低いということも、街の活気につながっているのだと思う。豊洲に限らず、晴海や新浦安など、臨海部の街は独特の雰囲気があって楽しい。液状化という問題を差し引いても、住んでみたい街だ。

しかし、そんな豊洲や新浦安よりもさらに魅力的なのが、佃島だ。なにが素晴らしいかと言えば、古い街並みと高層マンションが融合したあの独特の風景がなんとも言えずに素晴らしい。さらに、夜景も素敵だ。都内にはいろいろな絶景があるけれど、自分は永代橋から見た佃島の風景が一番好きだ。

これほど歴史がありながら、新しさも併せ持っているという街は、都内の臨海部では佃島くらいしかないのではないだろうか。財政的な事情さえ許せば、ぜひとも佃島に住んでみたい。佃島に住んで、天安の佃煮を毎日食べたい。ということで、自分の「住みたい街ランキング」の1位はダントツで佃島だ。

住みたい街というと、交通が便利だとか、安いスーパーが近くにあるとか、公共施設が充実しているとか、そういう生活上の便利さばかりを重視する人が多いけれど、自分はそうしたことはあまり気にしない。そんなことよりも、その街の持つ空気の方がずっと大事だと思う。その街を歩いてみて、その街の空気が好きになったら、きっと幸せに暮らしていける。

まあ、いまのところ自分が憧れる佃島に住める可能性は皆無だけれど、いま住んでいる千葉市稲毛区だって、佃島に負けないくらいにものすごく素敵な街だから、幸せに暮らしている。都内からは少し遠いとか、海から少し離れているとか、駅前にパチンコ屋が3軒もあるとか、そんなことはまったく気にならない。多分気にしないと思う。気にしないんじゃないかな。ま、ちょっとは気にするかも。




今週の覚書一覧へ

TOP