11/12/11

自転車の車道走行について考えてみる

前回は自転車通勤について書いたので、今回もそのつながりで、最近なにかと話題になっている自転車の車道走行について書いてみたい。

原則として自転車は車道を走るべし、というルールの徹底を、最近になって警察庁が打ち出したらしい。なんだか唐突な感じもするが、軽車両である自転車は、歩道ではなく車道を走るのが以前からのルールだから、「まあ、そう言われればそうだよね」と思わないこともない。しかし、すべての自転車が車道を走るのはどうかなあ、とも思う

そのあたりは警察庁でも考慮しているらしく、「子供や高齢者などを除き」という但し書きが付いている。これはこれで適切な対応にも思えるのだが、こうした例外を認めてしまうと、どこまでが子供でどこからが高齢者なんだという問題が出てくる。こういう但し書きを付けた時点で、自転車の車道走行は危険だと自ら認めてしまっている。

ロードバイク乗りの自分としては、当然ながら車道を走るわけだが、やっぱり最初の頃は車道を走るのは怖かった。大型トラックが脇をビュンビュン走り抜けていくような道では、人通りの少ない広い歩道があれば、そちらを走ることもあった。いまではだいぶ慣れてきたので、常に車道を走行しているが、それでもヒヤリとすることはある。

特に怖いのが、交差点で左折する大型車の巻き込みだ。直進するつもりで走っていると、直進レーンと左折レーンが分かれる場合がある。早めに対応できれば直進レーンに乗り換えるのだが、交通量の多い道路では進路変更のタイミングを失い、そのまま左折レーンを走ってしまうことも少なくない。

そんなときに大型トラックなどがいきなり左折してくることがたまにある。もちろんわざとではなく、たまたま自転車が死角に入ったからだろうが、こういう場合は本当に怖い。とりあえず道路交通法的には、自転車が左折レーンを直進しても問題ないことにはなっているが、実際には危険がいっぱいだ。

また、路上駐車しているクルマも怖い。常に車道の左端を走っている自転車にとって、路上駐車しているクルマというのは、進路をふさぐ障害物以外の何物でもない。こうした障害物を発見すると、後方を振り返って確認し、右手で合図を出して右側の車線に合流することになるが、最初の頃はこれも怖かった。

実際に車道走行の危険を体験している自分としては、こうした危険をすべての自転車に押し付けるのはどうだろうという気がする。ただ、マナーの悪い自転車乗りが大勢いることも事実で、こういう人たちは歩道からすべて締め出してもらいたいと、自分勝手なことも思ったりする。

たとえば、狭い歩道で後ろから大きなベルを鳴らして走る人だ。歩行者優先の歩道なのに、邪魔だからどけと言わんばかりにベルを鳴らすバカには、殺意すら覚える。実際に、こうしたバカと口論になったことも何度かある。歩行者優先の歩道をベルを鳴らしながら走るという行為は、一方通行の道路をクラクションを鳴らしながら逆走する行為と同じだということを認識してほしい。

また、車道の右側を走る人も少なくない。まさか、自転車は道路の左側を走るというルールを知らないわけではないだろうが、道路の右側を平気な顔で走る人というのは案外多い。これが昼間ならまだしも、暗くなってから無灯火で走る人もいるから怖い。そんなに死にたいのかと思ってしまう。

さらに、歩道と車道を縦横無尽に走る人も少なくない。歩道が込んでいる場合はすかさず車道に出て走り、歩道がすいてきたらまた歩道に上がって走るというパターンだ。ちゃんと後方確認してくれれば問題はないのだが、いきなり歩道から車道に下りてこられると、こちらが驚く。この場合も、そんなに死にたいのかと思ってしまう。

こういうマナーの悪い自転車乗りは、すべて歩道から締め出して車道を走行させればいいと思う。そうすれば、何度か怖い思いをするだろうから、自然にマナーが身に付くだろう。何事も人から言われるだけではダメで、実際に自分自身で体験してみないと物事は覚えない。同じ自転車乗りとして、マナーの悪い自転車乗りが一人でも減ることを願っている。

それ以外の常識的な自転車乗りについては、これまで通りに歩道を走っても問題ないと思う。要は、歩行者にとって迷惑な存在でなければいいだけのことだから、ちゃんとマナーを守って歩道を走っている人たちまで、無理に車道に出して怖い思いをさせる必要はない。ゆっくりと安全に走るなら歩道でオッケー、速く走りたいなら車道を走れ、ということだ。



今週の覚書一覧へ

TOP