11/04/03

原発の将来と代替エネルギーの可能性

東京電力が何かと大変なことになっているらしい。社長は体調を崩して入院しているし、株価は暴落しているし、国有化の話も聞こえてくるしで、いったいこれからどうなっていくのか心配だ。東京電力にとっての一番の問題は、莫大な額になると思われる賠償金をどうするかということだろう。

普通に考えたら、いくら大企業とはいっても、莫大な賠償金を民間企業が払い切れるものではないだろう。放射能汚染が国内だけに留まってくれればまだしも、海水にまで汚染が広がったら厄介なことになる。そんなことになったら、外国からも賠償金を請求されかねない。

いずれにしても、現在の原発事故を一刻も早く収束させるしかない。毎日のニュースを祈るような気持ちで見ているのだが、どうやらすぐに収束するのを期待するのは難しいようだ。現場で働く人たちにとってはまさに命がけだろうが、いまはとにかくこの人たちの頑張りに頼るしかない。

それにしても、これからの原発はどうなっていくのだろうか。これだけの事故が発生したのだから、この先も原発に頼るということは難しいだろう。何しろ、原発に反対する人たちを、管理さえしっかり行えば絶対に安全だと説き伏せて推進してきた結果がこれなわけだから、どんな言い訳もできなくなってしまった。

しかし、今回の事故の責任をすべて東京電力だけに押し付けるのも可哀想な気がする。東京電力の原発建設の計画を承認したのは国なわけだから、国にも責任の一端はあるはずだ。しかし、事態がここまで悪化した以上は、責任の所在をどうこう言ってもしかたがない。日本全体として負担し合う以外に方法はないだろう。

ということで、これからは原発に頼ることはできなくなったわけだ。では、いったいどんな代替エネルギーがあるのだろうか。今回の事故が起きる以前は、代替エネルギーについて、ほとんど考えたことはなかった。原発以外に何か効率のいい電源供給の方法が開発されるといいなあ、くらいにしか考えていなかったのだ。

今回の事故が収まるまでの当面の間は、火力発電所の供給力を増強して急場をしのぐ方針らしい。しかし、化石燃料を大量に消費して温室効果ガスを大量に排出する方法だから、環境面から考えると問題がないわけでもない。そもそも、火力発電の代替方法として開発されたのが原発だから、いまさら後戻りするわけにもいかない。

では、化石燃料に頼らないクリーンエネルギーにはどういったものがあるのかといえば、水力、風力、太陽光、地熱といったあたりだろう。あの背の高い風力発電機のプロペラがクルクル回っているのを見ると、おお、頑張って発電しているんだなあ、と頼もしく思える。

太陽光についても、太陽光パネルが敷き詰められた屋根を見ると、頑張って発電してくれたまえ、みたいな気持ちなる。水力発電や地熱発電については、発電所が身近にないため、普段はまったく意識することがないけれど、きっと日本のどこかで頑張って発電してくれているのだろう。

しかし、こういった発電方法がイマイチ普及しないのは、技術的な問題やコスト的な問題など、さまざまな問題があるからだろう。こういった方法が実用に耐えるほど優秀なものならば、原発などという危険な方法がここまで普及することはなかったはずだ。結局のところ、クリーンエネルギーはまだまだ使い物にはならないということだ。

現実的な方法としては、画期的な代替エネルギーが開発されるまでは、原発に頼るしかないだろうと思う。こんなことを言うと、ここまで深刻な事態になっているのにまだ原発に頼るのかと怒る人もいそうだが、こういう人に対しては、だったら他に何か実現可能な妙案があるのかと聞きたい。

安定して電力を供給するということは、日本の経済を支えるというまさに根幹的な問題に関わってくることだ。原発は危険だから全面的に廃止すべしというのは簡単だが、それは日本の経済を安定的に維持して発展させていくための代替策があるということが前提になる。そうした案もなく原発反対というのは、極めて無責任な意見だ。

事故が発生したからそれで原発は廃止ということではなく、今回の事故を教訓にして徹底的に原発の安全性を高めていくべきだと思う。地震の多い日本は、大地震に襲われるたびに耐震性の強化やインフラの整備を重ねてきた。今回の地震についても、そうしたきっかけにすればいい。

もちろん、優秀な代替方法が見つかれば、将来的には原発を全廃したってかまわない。しかし、当面は原発に頼るしかない。原発で集中的に大規模発電を行う一方で、風力や太陽光といった方法がもっと改善されれば、こうした方法を分散して補助的な発電を行うという方法だって考えられる。とにかく、きっと何かうまい方法があるはずだ。



今週の覚書一覧へ

TOP