10/07/11

英単語の語呂合わせ

NHKの相撲中継が中止になって非常に悲しい。視聴者からの抗議に屈する形でNHKは中止を決定したらしいが、こういう抗議をする人たちは何様のつもりだろうか。そんなに相撲が嫌いならば自分が相撲中継を見なければいいだけのことなのに、他人の楽しみまで奪うことはないだろう。正直なところ、かなり頭に来ている。

そもそも、相撲界と暴力団の癒着なんて相撲ファンの間では周知の事実で、なにをいまさらという感じだ。そんな誰でも知っているようなことを鬼の首でも取ったかのような勢いで批難するなんて、どれだけニワカなんだと言いたい。正義の味方を気取るヒマがあったら、相撲の歴史を一から勉強してほしい。

などと、こんなところで怒りをぶちまけてもしかたないので、気分を変えて英単語の語呂合わせでも紹介することにしよう。それにしても英単語というヤツは、覚えても覚えても次から次へと知らない単語が出てくる。一説によると、現在の単語数は約100万語も存在するらしいから、キリがないのも当然だ。

現在の自分の単語数はどれくらいなのか正確なところはわからないが、思い切り多めに見積もっても2万語を超えているということはないだろう。ということは、自分が知っている単語は全単語のわずか2パーセントにも満たないということだ。そう考えると、ものすごく情けない数字に思えてくる。

くだらない語呂合わせでシコシコと暗記している場合ではないような気もするが、ほかにやり方を知らないから、結局は死ぬまでこの方法で英単語を暗記していくことになるのだろう。なんだか、戦車部隊に竹槍をふりかざして単身で突っ込んでいくような圧倒的な絶望感を覚えないでもない。

単語: hubris 意味: 傲慢、うぬぼれ 語呂: 「羽振りすごい人は傲慢
羽振りのすごくいい人って、お金を持っていることを鼻にかけて、ものすごく傲慢な人が多いですよね。自分はそんな人間にはなりたくないっす。でもお金は欲しいっす。

単語: hoyden 意味: おてんば娘 語呂: 「ほお、遺伝ですか、おてんば娘って」
おてんば娘って、遺伝の要素が大きいらしいですね。多くのおてんば娘を調査したところ、かなりの確率でその母親も子供の頃はおてんば娘だったことが判明したらしいです。ほおって感じですよね。やっぱり血は争えないってことですかね。

単語: vulgarian 意味: 俗物、成金 語呂: 「ブルガリ、やんなるくらい俗物趣味」
ブルガリってあるじゃないですか、あのイタリアの高級ブランド。ブルガリ製品って、嫌になるくらい俗物や成金が持ってるじゃないですか。なんだか恥ずかしくなっちゃうんですよね、ああいうのを見ると。自分はああいう人間にはなりたくないっすね。でもお金は欲しいっす。

単語: cheval glass 意味: 全身用の姿見 語呂: 「喋るガラスって全身用の姿見のこと」
喋るガラスって、何のことだかわかりますか? ほら、白雪姫の継母である女王様が鏡に向かって「鏡よ鏡、この世で一番美しいのは誰?」って訊ねるシーンがあるじゃないですか。それで、鏡が「それは白雪姫です」って答えるじゃないですか。あの鏡をガラスに加工したものが喋るガラスとして販売されているらしいですよ。

単語: sottish 意味: 大酒のみの 語呂: 「そう、ティッシュをつまみに飲むらしいよ、大酒飲みは」
そうそう、これは聞いた話なんですけど、本当の大酒飲みっていうのはティッシュをつまみに酒を飲むらしいっすよ。すごいですよね、だってティッシュを食べるんですよ。お前はヤギかっつーの。

単語: commissary 意味: (軍隊や鉱山などの)売店、食堂 語呂: 「カミソリ軍隊の売店で買う」
軍隊に入っている友人がいて、そいつから聞いた話なんですけど、軍隊の売店にはいろんな物があって、中でも特に売れるのがカミソリらしいです。軍隊に入ってから不思議とヒゲが伸びるのが早くなったって言ってました。面白い話ですよね。

単語: cock-and-bull 意味: 作り話、ホラ話 語呂: 「コック安藤ブルドッグ料理が得意とホラ話を吹く」
自分の友人に安藤っていうコックがいるんですが、そいつがホラ話ばっかり吹くんですよ。この前も、自分はブルドッグ料理が得意だなんて作り話をするんですよ。ブルドッグ料理じゃなくてブルドッグソースを使った料理の間違いじゃないのかって突っ込んだんですけどね。

ということで、今回はこれくらいにしておきます。毎度のことながら、これらの単語を覚えてもほとんど役に立たないと思います。ただ、この中でも「hubris」だけは出現頻度が比較的高いので、覚えておいてもいいかもしれません。それ以外の単語は、おそらく覚えるだけムダだと思います。それでは。



今週の覚書一覧へ

TOP