独習のTOEIC 



最近はますますTOEICの人気が上がってきているようで、もはやこの試験の存在を知らない人はいないくらいに英語学習者の間では普及しています。受験者数も英検に迫る勢いで伸ばしているようです。社会人の間でTOEICが流行していることがその理由として挙げられるでしょう。現在では、中学生や高校生を中心とする英検と、大学生から社会人までを中心とするTOEICとして分類できると思います。これからも、こうした傾向は続いていくと思います。

これだけTOEICが社会人の間で普及した理由としては、多くの企業が社員の英語力を測定する物差しとしてTOEICを採用したということが挙げられます。5点刻みで明確にスコアが出るTOEICの方が、級という形で分断される英検よりも物差しとして優れているというのが、採用する上での大きな理由だと思います。おかげで、業務上で英語を使う必要のあるビジネスマンは、好むと好まざるとに関わらず、TOEICを受験して自分の英語力を客観的に証明する必要に迫られる時代になってきました。

とりあえず、少しでも高いスコアを取得しておいた方がなにかと有利になることは間違いないわけですから、どうしてもTOEICを受験しなければならない場合は、最低限の準備だけはしておきたいところです。


 TOEICのスコアの信頼性

TOEICについてよくあるのが、「TOEICのスコアなんてあてにならない」という批判です。この批判の根拠としては、「TOEICのスコアが低くても、堂々とネイティブと会話できる人はいくらでもいるし、逆にスコアが高くても、さっぱり英会話ができない人だっていくらでもいる。だからTOEICのスコアなんてまったくあてにならない」というものです。たしかに、この批判は一面では正しいと思います。なぜなら自分自身が、「スコアはそこそこ高いが、英会話はさっぱりできない」というタイプの人間だからです。

こういう批判が出るのは、TOEICのスコアにはスピーキングとライティングの能力が反映されていないためです。これに対するTOEICの見解は、「リスニング能力とスピーキング能力、リーディング能力とライティング能力にはそれぞれ高い相関関係が認められるため、リスニングとリーディングのスコアからこれらの能力を推定することができる」というものですが、これはかなり怪しい見解だと思います。一般的にはそういう傾向が見られるというだけであって、すべての人に当てはまるものではないし、そもそもスピーキングやライティングといったアウトプット能力は、リスニングやリーディングなどのインプット学習だけでは伸びない能力です。そうした能力を、マークシートによる客観テストのスコアだけで推定するのはかなり乱暴な話だと思います。

こうした批判を受けてか、最近になって「SWテスト」というスピーキングとライティングの能力を測定するための試験がTOEICによって新しく開発されました。この試験を利用すれば、TOEICのスコアと合わせて総合的に英語力を評価できるようになるため、いい試みだと思います。しかし、あとから取って付けたようなオマケの試験といったイメージが強く、その割には受験料も高いため、まだまだ本家のTOEICほどには普及していないようです。

こうした欠点もあるTOEICですが、そのスコアがまったく信頼できないということはありません。当然ながら、英語がまったくできない人が受けていきなり高いスコアが取れるということは絶対にないし、その逆に、ネイティブや英語の達人が受ければ必ず満点に近いスコアが出ます。そういう意味では、非常によくできた試験だと思います。上に書いたような批判が出るのは、中途半端に英語ができる人の場合です。

たとえば同じ800点というスコアでも、海外に留学していた人の800点と、国内での独学だけで800点に達した人の場合とでは、スコアの内容がまったく違います。前者の場合は、おそらく簡単な日常会話くらいならばまったく問題はないでしょう。英語ができない人が聞いたら、まさに「英語がペラペラ」という印象を持つと思います。後者の場合は、おそらく簡単な日常会話すら満足には話せないでしょう。英語ができない人が聞いたら、この人は自分と同じくらい英語が苦手なんだと思うかもしれません。

しかし、前者の場合はいくら流暢に話しているように見えても、実際には文法的にかなり怪しい英語を話していることが多いものです。リーディングにしても、ちょっと難しいペーパーバックはお手上げだったり、ライティングにしても「てにをは」のおかしな文章を書いたりと、必ずどこかに弱点があるものです。それとは逆に後者の場合は、スピーキングなどのアウトプットには問題があったとしても、文法やボキャブラリーについてはかなり豊富な知識を持っています。読み書きについても、前者には負けないくらいの能力を持っている場合もあります。

結局のところ、両者が目指すところはどちらも同じで、現在はその途中の過程にいるというだけのことです。このまま学習を続けていけば、両者ともいずれは同じところにまで行き着くはずです。その途中のところで、スコアがどうのこうのと議論するのはあまり意味がありません。ハイスコアに至るまでの道のりは人それぞれで、リスニング先行でスコアが伸びる人もいればリーディング先行の人もいます。なので、同じスコアでも人によって得意な分野はそれぞれ異なります。その結果、「TOEICのスコアが低くても、堂々とネイティブと会話できる人はいくらでもいるし、逆にスコアが高くても、さっぱり英会話ができない人だっていくらでもいる」ということになるわけです。

それでは、満点に近いスコアを取る人がすべて英語の達人かというと、どうやらそうでもないようです。TOEICを受けたことがある人ならばわかると思いますが、出題される問題としてはそれほど難しくありません。少なくとも、高度な思考能力を必要とする学術的な問題などは一切出題されません。なので、そこそこ英語力のある人が徹底的にTOEICを研究して受ければ、満点に近いスコアを取ることも不可能ではないと思います(そういうヒマな人が実際にいるかどうかは別ですが)。なので、このあたりが英語力を測る物差しとしてのTOEICの限界なのかなという気はします。

結論としては、英語の達人ではなくてもTOEICでハイスコアを獲得することは可能だが、英語の達人がTOEICを受ければ必ず満点に近いスコアを取れるということです。この点さえ理解しておけば、TOEICは英語力を測るための優れた物差しになると思います。英語の達人が「TOEICなんてあてにならない」と批判するのならわかりますが、TOEICを受けたことがない人やスコアの低い人がTOEICを批判してもカッコ悪いだけなので、やめておきましょう。



 TOEICと英検の比較

TOEICとよく比較されるのが英検です。国内の英語資格試験としてはこの2つが飛び抜けてメジャーな存在であるため、なにかにつけて比較されるのは無理もないことだと思います。TOEICもそのあたりを意識してか、英検との相関関係についてアンケートを取って公開しています。一般的には、「英検1級はTOEICの900点に相当する」という評価が多いようですが、両者の出題傾向は大きく異なるため、単純に比較することはできません。ただし個人的には、TOEICで900点を取るよりも英検1級に合格する方が難しいと思います。

TOEICではハイスコアが取れるのに英検1級の語彙問題には歯が立たないという人が少なからずいるようですが、これはTOEICに特化しすぎたために起こるケースです。TOEICではそれほど難しい語彙は出題されないため、どうしてもボキャブラリー対策が疎かになりがちです。しかし、意識してボキャブラリーを増やさない限り、英検1級には合格できません。いずれにしても、TOEICではハイスコアを持っているのに単語はあまり知らないというのでは、少しばかりカッコ悪いような気がします。こうしたところも、TOEICの弱点の一つです。

それとは逆に、英検1級を持っているのにTOEICでは思ったようなスコアが取れないという人もいます。これは、TOEICの形式に慣れていない人が受けた場合にそうなることが多いようです。しかし、TOEICの形式に慣れてしまえばそれほど問題はありません。難しい単語や高度な英文が出題されるわけではないので、解答のスピードを上げて時間配分さえ間違えなければ、そこそこのスコアはすぐに取れるようになるはずです。

このように、平易な英文を短時間で大量にこなすことが要求されるTOEICに対して、英検の場合は高度な語彙を含む複雑な文章の読解を要求されます。さらに、英検の場合はライティングとスピーキングの能力も試されます。「TOEICは英語力を測るための優れた物差しになる」と上で書いたことと矛盾するようですが、総合的な英語力を測定する場合は、やはり英検の方が優れていると思います。ただし、英検の場合は合格か不合格かの結果しか出ないため、かなり大まかな評価になってしまいます。この点では、5点刻みでスコアが出るTOEICの方が優れています。このあたりは、用途に合わせてTOEICと英検を使い分ければいいと思います。

いずれにしても、本当に英語ができる人は、TOEICを受けてもサラリと950点を超えるハイスコアを取るし、英検1級を受けてもあっさりと合格します。こういう人は、TOEICだからどうしようとか英検だからこうしようといったことは一切意識していないと思います。逆に言えば、こういうことを意識する人は、TOEICのスコアがいくら高くても、本当の意味での英語の達人ではないということです。


 TOEICで900点を取るには

せっかくTOEICを受けるなら他人に自慢できるくらいのスコアは取りたいものです。では、どのくらいのスコアなら自慢できるのでしょうか。とりあえず、800点くらいあれば自慢してもいいと思います。このスコアならば、簡単なペーパーバックくらいはそれなりに読めるし、ちょっとした会話もそれほど臆せずにこなせるくらいの力は付いているはずです。英語の苦手な人から見れば、それこそ尊敬と憧れのまなざしで見られるかもしれません。

しかし、どうせならもう少し上を目指しましょう。900点を超える実力があれば、少なくとも英語に関しては誰からも一目置かれる存在になります。英語のプロを目指しても誰からも笑われることはありません。ひょっとしたら、異性にもモテモテになるかもしれません。英語の達人が周囲にゴロゴロいるという特殊な環境でない限り、大きな顔をして自慢することができます。英語学習者としては、TOEIC900点が一つの目標になると思います。

では、どうすれば900点を取ることができるのでしょうか。答えは簡単です。一生懸命に勉強してください。

などと書くと、もっと詳しく書いたらどうだというブーイングが聞こえてきそうですが、本当にこれ以外の答えはありません。というか、英語の独習方法については他のページで詳しく書いているので、このページで改めて書くことはありません。TOEICだからといって特別の学習法があるわけではなく、ただ地道にこれまでの努力を積み重ねていくしかありません。

そうは言っても、「たった半年間の勉強でスコアが400点から900点に上がった」などというものすごい人も世の中にはいるようで、そういった人の学習法や体験談もWeb上にはいくつも紹介されています。しかし、こういう人たちの話はあまり参考にはなりません。なぜなら、こういう人たちは我々とは次元の違う語学の天才だからです。きっと本人たちは「自分は天才なんかじゃない、その証拠に高校生の頃は英語はいつも赤点だった」などと否定するでしょうが、それは高校生の頃にタラタラと遊んでいただけのことで、少なくとも凡人とは違った脳味噌を持っていることは間違いありません。

こういう人たちの学習法を参考にするのは構いませんが、すべてを鵜呑みにするのは避けた方が無難です。語学の習得には時間がかかります。時間をかけても思うような効果が上がらないこともあります。いや、効果を実感できることの方が圧倒的に少ないと思います。それでも努力を続けた人にだけ、語学の神様は微笑みます。学問に王道なし、TOEIC900点にも王道はありません。地道に勉強を続けてください。


 TOEIC受験体験記

ここからは、自分のTOEIC受験について書いてみます。自分はこれまでに何回かTOEICを受験していますが(出題形式が変更される前のTOEICの受験体験記については、こちらのページを参照してください)、最高点は920点です。当時は900点の大台を超えたということで満足していたのですが、次第にしょぼいスコアのように思えてきたため、7年ぶりに受験することにしました。以下に、そのときの感想を書いてみます。

 第1回目受験 (2009年11月 L:465 R:450 TOTAL:915)

7年ぶりの受験ということで、出題形式が変更になったという情報だけは知っていたため、「TOEIC試験スーパー模試600問」という問題集を買って準備をしました。この問題集には3回分の模擬試験が収録されていて、それぞれの試験について予想スコアを出してみたところ、リスニングは450〜460点、リーディングは3回とも495点という結果になりました。さすがにリーディングで495点を取れるとは思いませんでしたが、リスニングさえ無難に乗り切れば、トータルで940点くらいはいくのではないかと考えていました。

本番のリスニングについては、「TOEIC試験スーパー模試600問」のリスニング問題がかなり難しかったこともあり、比較的易しく感じました。そうは言っても、やはりパート3とパート4ではかなりミスをしました。パート1はおそらくパーフェクト、パート2は3問ほど聴き取れなかった問題があり、パート3とパート4では合わせて10〜15問くらいは落とした、といったところが試験直後の感触です。ただ、これくらいの内容でも自分としては上出来で、いままでの経験からしても450点を下回ることはないだろうと思いました。

リーディングについては、新しい形式になってから英文のボリュームがさらに増えたということもあり、最初からスピードを上げることを意識しながら解答していきました。しかし、自分のリーディングスピードでは厳しいものがあり、すべて解答し終えて時計を見たときには、3分しか余っていませんでした。以前は20〜25分くらい余ることもあっただけに、新しい形式になってからいかに英文のボリュームが増えたのかがわかります。ただし、解答内容としてはかなり手ごたえがあり、自分としてはすべての設問に確信を持ってマークすることができました。

試験直後の感触としては、リスニングが470点、リーディングが480点くらいはいくだろうと楽観していました。しかし、実際のスコアはそれを大きく下回る915点だったため、かなりショックでした。特に、自信があったリーディングのスコアが低かったことがショックでした。前回の受験から今回まで7年も経っているのに、英語力は少しも伸びていないわけです。

このスコアにはまったく納得していないので、とりあえずもう一度だけ受験するつもりです。しかし、注意力と集中力が要求されるTOEICでは、注意力と集中力に欠ける自分がこれ以上スコアを伸ばすことは難しいのかもしれないと思っています。もう一度受験してスコアが伸びなければ、自分の英語力は(少なくとも、TOEICで測定できる英語力については)これ以上は伸びないものと考えて、もうTOEICは受験しないつもりです。


 TOEIC受験対策

対策と言えるようなテクニックが通用するほどTOEICは甘い試験ではありませんが、それでも絶対に覚えておくべきコツ(または心構え)は存在します。ここで紹介するコツは、他のサイトなどでも紹介されているようなごく当たり前のことです。しかし、これを実際に実行することは意外に難しいものです。本番の試験に臨む前に、ぜひ問題集などを使って試してみてください。事前に確認しておくだけでも、精神的に大きく違ってきます。

 リスニング(パート3、パート4)対策

リスニングにおいて一番厄介なのが、パート3とパート4だと思います。1題につき3つの質問文が設定されているため、漫然と聴いているだけではナレーションのスピードについていけません。このパートでは、「質問文の先読み」というテクニックが絶対に必要になります。

まずは、最初にパートの説明が流れている間に、質問文とそれに対する4つの選択肢にすべて目を通しておきます。質問文は全部で3つありますから、それに対する選択肢は全部で12になります。これらをすべて読むのが無理であれば、最低でも3つの質問文だけは先に目を通しておく必要があります。こうして準備をしておき、最初の質問文の答えを探しながらナレーションを聴きます。答えが見つかったらすぐに解答用紙にマークし、続けて2つめの質問文の答えを探しながらナレーションを聴きます。この要領で3つの質問文をすべてマークしたら、ナレーションの途中であってもすぐに次の問題に移動して質問文の先読みを行います。リスニングのパート3とパート4は、ひたすらこの方法で先読みをしていくことが重要です。

ナレーションが問題文を読み上げている間に3つの質問文についてすべてマークし、ナレーションが3つめの質問文を読み上げる時間をすべて次の問題の先読みに使うのが理想的です。実際に、ほとんどの問題はこの方法で対応できますが、中には意地悪な問題もあり、すべてのナレーションを聴かないと最初の質問に答えられないという構成になっている場合もあります。こうした場合も、慌てないことが大事です。2つめの質問文でも3つめの質問文でも、とにかく最初に聞こえてきた正解と思われる選択肢を忘れないうちに解答用紙にマークしてください。1つでもマークできれば、かなり落ち着きます。落ち着いたところで、改めて集中すればいいのです。もし残りを聞き逃したとしても、絶対に慌てないことです。こうしたトリッキーな問題は多くないし、ほかの人たちもきっと間違えているはずです。もしこのトリッキーな問題で得点できたらラッキーだ、くらいに軽く考えて、すぐに気持ちを切り替えていくことが大事です。

とにかく、リスニングではペースを崩さないことが最も重要です。何があっても絶対に慌てないこと、前の問題に未練は残さないこと、難しい問題は考え込まないこと。これらのことを意識して試験に臨むだけでも、スコアに大きく影響してきます。試験が始まったら、とにかくペースを崩さないことだけを心がけてください。


 リーディング対策

リーディングパートはとにかく時間との戦いです。リニューアルされる前のTOEICはそれほどでもありませんでしたが、新しくなったTOEICでは英文のボリュームがかなり増えたため、いかに解答スピードを上げるかが大きなポイントになります。大量の英文が待っているパート7を乗り切るためには、パート5とパート6をいかに効率よく終わらせるかが大事です。

パート5とパート6については、それほど高度な語彙や文法知識は必要ありません。空欄の前後をぱっと見るだけですぐに答えがわかるような問題も多いので、こうした簡単な問題で時間を稼ぐ必要があります。問題文を一通り読んでも答えがわからない場合は、鉛筆でも転がして適当にマークしてください。読解問題とは違って、語彙や文法の問題はいくら考えたところで、わからないものはわかりません。リスニングの場合と同じく、こういう場合はすぐに気持ちを切り替えて次の問題に進んでください。

パート5とパート6を20分で終わらせることができれば、パート7も一通り解答することができるはずです。理想的な時間配分としては、パート5とパート6を15分、パート7を50分で終わらせ、残りの10分で不安なところを見直すというペースですが、このペースで解答できる人はほとんどいません。時間が足りなくて最後の数問は適当にマークしたという経験がある人は多いと思います。それでも、とにかく1問でも多くマークできるように努力することが重要です。

リスニングの場合は、質問文を先読みするというテクニックが不可欠ですが、リーディングの場合はどうでしょうか。実は、自分はいつも本文を頭から最後まで一通り読み、それから質問文に目を通した上で、該当する箇所の本文をもう一度読むという方法で解答しています。これは、リーディングの場合の先読みはあまり効果がないと考えているからです。

リスニングの場合、質問文を先読みすることによってナレーションだけに集中できますが、これはあらかじめ読んでおいた内容を頭に入れながらナレーションを聴くからこそ集中できるのだと思います。つまり、「読む」という行為と「聴く」という行為が時間差でうまく独立しているということです。これに対してリーディングの場合は、本文を読むのも質問分を読むのも同じ「読む」という行為ですから、頭の中で本文と質問文を独立させながら読むことは難しくなります。うまく説明できていないかもしれませんが、自分の場合はこうした理由でリーディングの先読みはしていません。

ただ、いままでに一度もリーディングの質問文の先読みというテクニックは試したことがないため、実際に試してみたら効果があるのかもしれません。これについては、次回の試験で試してみたいと思っています。少なくとも、先読みをしたおかげで余計に時間がかかるということはないでしょうから、試してみる価値はあると思います。




 TOEIC独習の心得

 TOEICのハイスコアに絶対的な価値はないが、英語の達人はサラリとハイスコアを取れるのも事実なり
 リスニングは、絶対にペースを崩さないことが最も重要なテクニックであると知るべし
 どうせ受けるなら、他人に自慢できるくらいのスコアを目指すべし


TOP