独習の教材・スピーキング 



 アメリカ口語教本・入門用(研究社出版)  お勧め度 

初版発行が1959年というロングセラー教材です。永く売れ続けている教材にはそれなりの理由がありますが、この教材の場合は豊富な言い換え練習にあると言えそうです。例えば以下のような会話文がある場合、

A:Let me introduce myself. My name is Takeo Ichiyama.
B:How do you do? I'm glad to meet you. Aren't you a student here?
A:Yes, I am. Aren't you a student, too?
B:No, I'm not. I'm a teacher.

上記のシチュエーションを a doctor/an artist a worker/a professer a scientist/a writer といった設定で繰り返し(飽きるまで)練習するという形式が本書の最大の特色です。

まさに独習にはうってつけの教材と言えますが、その分どうしても退屈さ、単調さは感じてしまいます。よほど意思の強い人でない限り、最後まで続けるのは困難でしょう。かく言う自分は3日で挫けました。自分はどうも地味で単調な勉強には不向きなようです。

また、それぞれの言い換え練習の文章の正解が載っていないのも気になるところです。「入門用」は中学程度の文法レベルなので問題はないのですが、「初級用」「中級用」「上級用」とレベルが上がっていくと、解答なしでは辛いでしょう。

事前に中味を調べて、充分に納得した上で購入して下さい。


 英会話スクール(イーオン)  お勧め度 

英会話スクールは教材ではありませんが、他に紹介すべき適当なスペースがないので、ここに強引に挿入します。

自分は英会話学校にはかなり否定的なのですが、通ったこともないのに否定するのもどうかと思い、またどんなことを教えているのか興味もありましたので、一度覗いてみることにしました。行ったのは近所の「イーオン」です。

まず、窓口を訪ねて「説明を聞きたいのですが」と案内を請うと、三畳位の狭い部屋に通され、そこでアンケートを書かされます。「英会話の経験は」「英語の資格は」「どの位のレベルを目標としているか」等のありふれた質問が並んだアンケートです。そのアンケートを基に、カウンセリングの女性の説明が行われます。これも、各コースの概要や料金体系の説明といったありふれたものです。それから、無料カウンセリングなるレベルチェック試験を受けることになります。

試験の内容は、「間違い探し問題」「語彙問題」「会話表現問題」を各4分計180題、リスニング問題20題だったと思います。リスニング以外は各4分間で60題を解答するわけですが、当然最後まで解答することは至難です。自分の平均解答数は約40題でした。これらのペーパー試験を終えた後に、ネイティブ講師との10分程度のインタビューが待っています。以上の結果を踏まえて、実際に受講するクラスが決定されます。自分の場合、12〜13あるコースのうち、ちょうど真中位のレベルのクラスでした(ちょうど真中位のレベルというのが、自分の英会話力の低さを表していて、情けない限りです)。

実際の授業ですが、その都度一つのテーマがあるようで、その日のテーマは「電話」でした。

電話がなかったらどうなるか、今までで一番嬉しかった電話は、などを生徒同志でインタビューしあったり、電話の対応を生徒同志でロールプレイングしたり、という感じで授業は進んでいきます。授業を受けてまず思ったことが,「生徒同志で話して効果あるの?」ということでした。その間講師は特に生徒同志の会話に入って来ることはなく、自由に会話が出来るという点ではいいのかもしれませんが、そもそもが素人同志が会話をしているわけですから、果たして自分の喋っているのが正しい英語なのかどうか、どうしても不安をもちながらの会話になってしまいます。ただ、マンツーマンの授業でない限りこういう授業形態になるのは有る程度仕方のないところなのかも知れません。

次に思ったのが、「もっと知的な会話がしたい」という事でした。

国際問題をディスカッションしたいなんて大それたことは言いません。そういう知的な会話をするためにはこういう練習を積み重ねることが大事だということはわかります。確かによくわかりますが、高いお金を払って興味の持てない授業を受けるのも意味のないことだし、そもそも会話が出来なければ生活に支障をきたすというわけでもないので、初日の授業を終えた段階で即解約を申し込みました。

これだけだとイーオンに対する悪口で終わってしまいそうなので、イーオンのいいところも書いておきます。

それは、強引な営業が全くない、ということです。大手の学校でも強引な営業で不愉快な思いをしたというのはよく聞くことですが、イーオンに関しては全くそんなことはありません。説明を聞いた時も一度は断ったのですが、その時も強引に粘られるということは一切ありませんでしたし、解約の時にも、こっちが拍子抜けする位あっさりと解約に応じてくれました。

英会話学校に興味があって一度説明を聞いてみたいが、強引に契約させられないか心配だという人は、一度イーオンを覗いてみることをお勧めします。決して授業内容はお勧めできませんが。



TOP