独習の教材・文法 



 英文法標準問題精講(旺文社)  お勧め度 

「文標」でおなじみの、ロングセラー文法問題集です。自分は受験生時代に使っていました(どうしても自分の受験生時代の教材が中心になってしまい、申し訳ありません。でも、同年代の方には郷愁を持って読んで頂けるのでは?)。

大学受験用の教材としてはかなりのハイレベルです。それだけに、大学受験レベル以上の英語力を身に付けるべく英語学習に取り組む我々にとっては、好都合と言えるかも知れません。しかし、そのレベルの高さに比して、解説があまりにもお粗末です。「何でこの答えになるの?」という難解な問題が幾つもありますが、それに対する明確な解説はほとんどありません。この本に真剣に取り組むつもりであれば、本格的な文法書を傍らに用意して臨みましょう。


 英文法頻出問題演習(駿台文庫)  お勧め度 

「文でお馴染みの、ロングセラー文法問題集です。自分は受験生時代に使っていました(まだ市販されていますよね?)。上記の「文標」と並ぶ受験生必須の問題集でした。うーん、懐かしい。各テーマ単位に、見開きの左ページに英文の問題が、右ページに解答が載っているという形式で、問題を解答したらページを移動することなく即確認できる、という編集形式は使い勝手に優れていると思います。

自分の文法知識を整理・確認するのに便利な1冊だと思います。


 英文法解説(金子書房)  お勧め度 

様々な英文法を網羅した本格的な文法参考書です。こういったしっかりとした参考書は、現在の英語レベルに関わらず、必ず一冊は手許に置いて下さい。疑問に思ったことをこういった参考書で自ら調べることにより、自然と力がついてきます。

他にも「ロイヤル英文法」(旺文社)「新英文法辞典」(三省堂)など、色々なものがあります。実際に手に取ってみて、自分に合うと思うものを選んで下さい。


 エイザーのわかって使える英文法(プレンティスホール出版)  お勧め度 

英語を第二言語として学ぶ人のための文法教科書、という位置付けの本です。本当は原著のUnderstanding and Using English Grammarの方を買おうと思っていたのですが、あいにく原著には解答付きのものが売られていなかったので、仕方なく解答の付いている邦訳版を購入しました。

"must""have to" "should" "had bettter" などのちょっとしたニュアンスの違いなどが書かれていて、結構面白いです。

基本的に教科書なので、「グループに分かれてロールプレイング」とか「テキストを閉じて質問に答える」といった口頭練習にかなりのスペースが割かれているため、独習する場合、その分損した気分になります。



TOP