独習の教材・ボキャブラリー 



 試験に出る英単語(青春出版社)  お勧め度 

言わずと知れた超ロングセラーの単語帳です。自分が受験生の頃は単語帳と言えばこの「出る単」しかないという位の寡占状態でしたが、現在では様々な単語帳があります。今改めて見直してみると、やはり多少古ぼけてきたかな、という印象はあります(それでも単色刷りだったのを二色刷りにしたりと、それなりに工夫しているようですが)。それに、この単語帳の売りの一つである「一つの単語に一つの訳語」というのも危険な考え方かな、と思います。あと、やはり短くてもいいから、例文が欲しいところです。

ただ、収録されている単語はどれも欠かすことの出来ないものばかりです。気合を入れて取り組めば必ず結果は出せる単語帳だと思います。


 ゴロ合わせ合格英単ワード・上級編(中経出版)  お勧め度 

タイトルの通り、ゴロ合わせで覚える単語帳です。ゴロ合わせの単語帳は他にも幾つかありますが、自分が見た中ではこれが一番よく出来ていると思います。ゴロ合わせというと、どうしてもその発音に引きづられて珍妙なゴロになってしまいがちですが、この本はその点かなりスマートな仕上がりです(もちろん、ゴロ合わせ自体充分に珍妙ですが)。結構下ネタが多いところも読み易さに一役買っています。

自分は単語を暗記するのにゴロ合わせで覚えているので、この本などは非常にお勧めなのですが、一般の評価としては圧倒的にゴロ合わせ否定派が多いようなので、お勧め度  に自粛しておきます。


 ゴロ合わせ合格英単ワード・完結編(中経出版)  お勧め度 

上記シリーズの最上級レベルの単語帳です。同じシリーズの本を敢えて紹介するのは、とにかく収録されている単語のレベルが高い、ということです。上記の「上級編」も、大学受験レベルの単語帳としては首を捻りたくなるような難しい単語が散見されますが、本書においては、完全に大学受験のレベルを超えています。恥ずかしい話ですが、これまでに一度も目にしたことのない単語が幾つも載っています。一体どういう基準でこういった単語を大学受験レベルとして選択したのか、正直なところ疑問です。この本に収録されている単語をマスターすれば、英検1級の語彙問題は余裕でパス出来るくらいのレベルです。

こういうゴロ合わせ単語帳は、これをそのまま暗記するよりは、未知の単語に出会った時に引いて、そのゴロが自分の気に入ったものならば利用する、という使い方が正解だと思います。

 Newsweekパワーボキャブラリー1000(バベル・プレス)  お勧め度 

見開き左ページにNewsweekの記事、右ページにその単語が載っているという形式の本です。別売りでカセットテープがあります。

自分はボキャブラリー学習のためというよりは、リスニング学習のために購入しました。別売りのテープには本書に掲載されている記事が丸々録音されているものと信じて疑わなかったのですが、実際は単語が読まれたあとに、日本語でその単語の意味が読まれる、という形式でした。この辺りが試聴出来ないテープ教材の辛いところです。結局2〜3回聴いただけで、今では部屋の隅で埃を被っています。この本自体今でも売られているのかどうか知りませんが、同じような形式のものは何冊かありますので、自分のような目的で購入しようという方は注意して下さい。
   


このページを書くにあたり、書店で色々な単語帳を手にして見ましたが、その中でも「速読英単語」(増進会出版)という本はよく出来ていると思います。文脈の中で単語を覚えて行くという形式なので、一つの単語を抜き出してその意味を解説する、という従来の一般的な形式の単語帳よりは記憶に定着しやすいでしょう。おそらくこれからの単語帳はこういう形式のものが主流になって行くと思います。




TOP