SPENCER JOHNSON 




 “Who Moved My Cheese?”(邦題:「チーズはどこへ消えた?」)で有名なアメリカのライター。
 心理学者の肩書を持つ作者は、心臓のペースメーカーの開発にたずさわった経験を持つ医学博士でもあり、数多くの大学や研究機関に顧問として勤務するかたわら、ビジネス分野における啓蒙的な著作を発表している。
 非常に平易な英語で書かれているため、ペーパーバック初心者でもストレスなく読むことができる。ただ、内容があまりにも単純かつ薄いので、純粋で素直な心の持ち主でない限り、「読んでためになった」とは思えないだろう。自分が純粋な心の持ち主かどうか、著者の作品を読んで試してみるのも面白い。




THE ONE MINUTE MANAGER  04/12/13 更新

 読み易さ 
 面白さ   

「3つの秘訣」を通して、理想の管理者像を描き出すストーリー。

 
Kenneth Blanchard との共著で出版されたビジネス書らしい。"Who Moved My Cheese?" に比べれば、多少は学ぶところはあるかもしれないが、すべて真に受けて即実行に移したところで、この本に書いてあるようにそう都合よくはいかないだろう。こんなことくらいでうまく行くのであれば、世の中の人間は誰も苦労しない。



WHO MOVED MY CHEESE ?  02/05/29 更新

 読み易さ 
 面白さ   

二匹のネズミと二人の人間をモデルとして、「変化」に素早く柔軟に対応することがいかに重要であるかを説くストーリー。

 「チーズはどこへ消えた?」のタイトルでお馴染みのベストセラー。ベストセラーとは言いながら結構しょぼいんじゃないの? と思う一方で多少は期待しながら読んだが、小学生のときに読んだ道徳の教科書みたいな感じで想像以上にしょぼかった。こういう説教臭い話が大嫌いな自分にとっては、道徳の教科書の方がまだマシだ。



ペーパーバック一覧へ

TOP