2001年の学習履歴 




 年間累計実績
リスニング   41時間
ボキャブラリー 1030語
ペーパーバック  11930頁
英語雑誌 913頁
和文英訳 27頁
TOEIC 880点



 12月の実績
リスニング      2時間
ボキャブラリー 210語
ペーパーバック  600頁
英語雑誌 125頁
和文英訳 0頁

今年は何につけ中途半端な年でした。全く実力がついた気がしない。まあ、実際のところ全く実力なんてついてないんだけど。とは言えボキャブラリー力が多少増強されたような気がするので、これだけでも良しとしておこう。これからは苦手なリスニングやスピーキングには目もくれず、もっともっとマニアックな単語を覚えることにしよう。
"orogenics" とか "apophasis" とか "scorbutic" とかとかとか。果たしてこんな方向性で良いんだろうか?良いわけないよな(笑)。



 11月の実績
リスニング      3時間
ボキャブラリー 200語
ペーパーバック  860頁
英語雑誌 91頁
和文英訳 0頁

気付いてみればもう今年もあと1月。毎度のことながら本当に時の経つのは速いと痛感します。今年は果たして充実した1年だったのか?と自問すると、「うーん、いつもの通りにダラダラ過ごしちゃったな」と反省すること仕切りです。



 10月の実績
リスニング      5時間
ボキャブラリー 290語
ペーパーバック  1050頁
英語雑誌 135頁
和文英訳 5頁

今月は NEWSWEEK, TIME ともにテロ関連の記事一色でした。
毎年恒例の TIME の "MAN OF THE YEAR" は今年はビン・ラディン君で決まりだろうな。



 9月の実績
リスニング      2時間
ボキャブラリー 0語
ペーパーバック  1310頁
英語雑誌 88頁
和文英訳 0頁

今月はノーコメントってことで。



 8月の実績
リスニング      2時間
ボキャブラリー 30語
ペーパーバック  1380頁
英語雑誌 58頁
和文英訳 0頁

それにしても、リスニングの量がしょぼいなあ。しょぼいと言うより、皆無に等しい(笑)。でも、リスニング力が落ちたという実感はないので、とりあえずは良しとしよう。別に英語ニュースが理解出来ないからって、実生活には何ら支障はないし。



 7月の実績
リスニング      3時間
ボキャブラリー 90語
ペーパーバック  930頁
英語雑誌 75頁
和文英訳 5頁

今月は自分としては結構勉強できました。自分の場合、英語の勉強イコール英単語の暗記、という部分が大きいので、ひと月に100語近くの英単語を覚えられれば上出来です。今月同様、来月もまだまだ散歩には適さない暑い日が続くでしょうから、心置きなく図書館にこもって勉強に励むことが出来そうです。



 6月の実績
リスニング      2時間
ボキャブラリー 50語
ペーパーバック  860頁
英語雑誌 57頁
和文英訳 10頁

久々に和文英訳の勉強を再開しました。今は阿刀田高氏の「幸福通信」という作品を英訳しています。なかなか英語に訳すのが難しい表現が多く、一筋縄ではいきません。中でも困ったのが「複勝」「連勝」という競馬用語です。競馬のケの字も知らない自分は不本意ながらも、仕方なくそのまま "fukusyou" "rensyou" と訳してしまいました(泣)。



 5月の実績
リスニング      5時間
ボキャブラリー 0語
ペーパーバック  1090頁
英語雑誌 21頁
和文英訳 0頁

今月は気候の良さについ誘われて、散歩三昧の休日を送ってしまいました。来月からはいい加減に気合を入れて勉強しようと思っています。



 4月の実績
リスニング      3時間
ボキャブラリー 20語
ペーパーバック  1090頁
英語雑誌 60頁
和文英訳 0頁

まあ、こんなもんです。自分としては今月も良く勉強したと、自分を褒めてやりたい気分です(泣)。



 3月の実績
リスニング      5時間
ボキャブラリー 30語
ペーパーバック  810頁
英語雑誌 65頁
和文英訳 0頁

春は別れの季節、そして出会いの季節です。
卒業式・入学式・入社式等々、人生の節目となる行事を、桜の花が見事にそして淡く切なく演出してくれるロマンチックな季節です。こんなに素敵な季節に、ゴリゴリと独り英語を勉強するというのは野暮ってもんです。
そういったわけで、今月もろくな勉強をしませんでした。最近、勉強をしなかった言い訳を考えるのも一苦労です(笑)。



 2月の実績
リスニング      5時間
ボキャブラリー 30語
ペーパーバック  970頁
英語雑誌 72頁
和文英訳 0頁

今月は色々と忙しかったために、ご覧の通りのしょぼい学習量でした。
忙しいと言うのは言い訳で、やる気が起きなかったというのが本当のところです。常にやる気満々、と言うのも疲れます。適当に息抜きをしながらでないと、永くは続きません。とは言え、最近息抜きの割合の方が圧倒的に多いような気が(笑)。



 1月の実績
リスニング      4時間
ボキャブラリー 80語
ペーパーバック  980頁
英語雑誌 66頁
和文英訳 17頁

今年からはもう細かい数字にこだわるのは止めにしました。あまり意味のあることでは無いように思えてきたからです。それでも一応実績だけは記録して行くつもりです。ただ、ボキャブラリーだけはとことん数字にこだわって行きます。「ボキャブラリー学習が語学の基礎である」という信念だけは変わりません。自分はすぐに楽な方へ流されてしまう性格なので、ボキャブラリー学習に関しては具体的な目標を立てないと、全く何もしないまま1年を終えてしまうかもしれないという不安があるからです。

TOEICに関しても、得点に一喜一憂するのはあまり意味の無いことだと考えるようになってきたので、気が向いたらまた受験するつもりですが、特に何点を目標にするということはありません。そういう意味で、このページのタイトルであった「TOEIC960点への道」も看板に偽り有り、ということで「今月の学習履歴」に変更しました。

新年を機に、今までの学習方法に加えて新しく「和文英訳」に取り組むことにしました。使用する素材は、阿刀田高氏のショートショートです。目標の100頁は、文庫本のページ数を基準にしています。今まではインプット一辺倒でしたが、そろそろアウトプットの学習も始めようと思って取り組んでみたのですが、実際にやってみるとこれが非常に面白い。和英辞典と英英辞典を傍らに、ああでもないこうでもないと英文を作り上げる作業には、今までに経験したことのない新鮮な楽しさがあります。それだけにかなり大変な作業ではあります。特に頭を悩ませるのが、冠詞の使い方、単数形・複数形の使い分け、前置詞の選択などです。こういった作業には英英辞典が大いに役立ちます。これまでは英英辞典を使うことは殆ど無かったのですが、その有益性を初めて認識出来ました。
今月は「冷蔵庫より愛を込めて」という作品をを英訳してみました。もちろんネイティブに添削を頼んでいるわけでもなく、全くの自己満足の世界なので一体どの位の効果があるのか甚だ疑問ではありますが、かなり楽しんでやっているので、しばらくこの調子で続けてみようと思っています。

今年はボキャブラリー学習を中心に、ライティングにも力を入れて行こうと思っています。



TOP